太陽の黒点と太陽フレアの関係

太陽の異変に関する非常に興味深い考察があります。イギリスの考古学者モーリス・コテレルによるもので、彼の著書の中には次のように書いています。

太陽の黒点が増えると電波障害が多発し、船の無線に影響する。それだけ強力なら人間や地球環境に影響をあたえてもおかしくない。

黒点は太陽の表面で比較的温度の低い部分で太陽の表面温度は約6000度だが黒点は約4000度となっている。そして、その黒点で興味深いのは11年周期で大発生すること。これは過去の資料や統計を計算して導きだされた結果です。

太陽の活動が活発になると黒点が大発生し、この大発生も周期的で何100年単位で活発になったり、沈静化を繰り返している。

後に文明と太陽活動に関係がないか調べ始めた。すると大変興味深いことを発見した。それは高度文明発祥の時期と太陽活動が活発になる時期が一致するということだ!

さらにマヤ文明の時期と太陽活動の時期を合わせてみたらどうなるか計算してみた。するとマヤ文明が消滅する9世紀頃と太陽の低調期が一致した。

 

コテレルが書いていることが真実ならば、黒点の発生時期と文明の発達に関係が可能性がある一方、黒点の活動が低調になれば同時に文明も衰退期を迎えることになります。このことから、黒点の動きと文明の盛衰がリンクしている可能性がでてきました。

 

2006年、黒点に異変発生

2006年7月31日に小さな黒点に変化が起きました。その変化に気づいたのがNASAで太陽物理学チームのリーダーであったデビット・ハサウェイです。

通常、太陽の北半球では全て黒点が南から北に向かって並び、南半球では北から南に向かって並びます。ピークを過ぎると北半球の黒点が北から南に向かって動き、南半球の黒点は南から北に動きます。

 

2006年7月31日から黒点の動きに変化があり、北半球での黒点の動きが南から北に動き始めました。つまり、太陽活動期の到来を告げるサインです。

太陽がピークを迎えると、黒点近くで太陽フレアがよく発生します。フレアの熱量は広島に投下された原爆の1000万個分相当し、したがって、ピーク時の太陽フレアの巨大なエネルギーが時速100万キロ以上のスピードで太陽系を駆け抜けていきます。

 

近年では9世紀~13世紀に太陽は最も活発な時期を迎え、この時期を特別にグランド極大期と呼びます。2006年から今日までの今回の太陽活動期はそのグランド極大期以上のものになると考えられています。

どうして現在の太陽活動期がグランド極大期以上になるのでしょうか? それは2003年に「Xクラス」の太陽フレアが発生したのが原因です。太陽フレアはX線の強度により分類されますが、その中で最も強いのがXクラスだとされています。

 

2003年は実は太陽活動が低調期でした。しかしそれにも関わらず、Xクラスという強力な太陽フレアが観測されました。このことから太陽がかつてないほどの活動期に突入しているのではないかと考えられているのです。

上記のことを踏まえると近い将来とても強力な爆発が起こるのではないかと推測され、その時期は2010年~2012年の間だといわれています。これはNASAのリーダーデビット・ハサウェイによる情報でその信憑性は非常に高いといえます。

 

かつてないほどの太陽フレアの発生によって何が起きるのか?

体験したこのない太陽フレアがおきた場合、第1に紫外線の放出量が増えてオゾン層に多大な影響が与えられます。

第2に太陽フレアが磁場にひずみを生じさせ、強烈な磁気嵐が発生します。送電システムにも大きな負荷がかかり電力供給が途絶えます。当然、電離層にも影響が出ます。電離層は地球を取り巻く大気の上層部にある分子や原子が、宇宙線により電離した領域のことです。航空業界や携帯業界にも影響がでて、世界中が大パニックになります。

 

黒点の動きから太陽の動き、未だ体験したことのない太陽フレア、その太陽フレアからの影響など予測はできるのですが、これらへの対応が非常に難しいのが現状です。

この難しい状況にどのように対応すればいいのでしょうか?
私にも分かりませんが、もしかすると、私自身やあなたがその鍵を握っているかもしれません。

 

幸いにも私は、デリンジャー現象、磁気嵐などの情報を一刻も早く知ることができるサイトを知っています。太陽の動きが気になる方にはお勧めのサイトです。

宇宙天気情報センター

 

こちらのサイトでは、有益な情報だけでなく、太陽のキャプチャーまで見ることができます。
担当の方のコメントが非常に頼りになり、管理人は気になって毎日見てしまいます・・・

最後に補足ですが、この黒点と2012年12月22日に地球が滅亡する説とは基本的に関係がないようです。聞いた話では、2012年と太陽の黒点との関係はありますが、12月22日という日付との関連性は見つかっていないとのことです。

 

2009年10月23日