「耐え忍ぶ被害者気取り」

いつかこの世界の終わりが来る。いま言われているような2012年人類滅亡だというものではない。それはただ滅びを煽るだけで、この福音から目をそらせようとするものなのだ。
引用元URL:「耐え忍ぶ被害者気取り」

神風でも吹かない限り、第45代アメリカ大統領はヒラリーだ!⇒神風が吹いてしまった。弁明の記事

とはいえ、Brexitでも大方の予想に反して、英国のEU離脱が現実になったので、リスク回避に走るのは仕方ないのかも。ちょっと「ノストラダムスの大予言」「2012年人類滅亡」騒動に似た雰囲気も感じて、みんな本当は「この世の終わり」を望んでいるのかも、と思ったりして。いいね!
引用元URL:神風でも吹かない限り、第45代アメリカ大統領はヒラリーだ!⇒神風が吹いてしまった。弁明の記事

< 秋夕(チュソク)特選映画’探偵’ >

出演した..古代人が予言した2012年人類滅亡が現実になるパニック映画だ..  
引用元URL:< 秋夕(チュソク)特選映画’探偵’ >

恋愛

恋愛“これまで古代文明、都市伝説を数多く取材し、最新号では「マヤ予言最終結論」の大特集を組んだスーパー・ミステリー・マガジン『ムー』の三上丈晴編集長に聞くと、「そんな話、まったく聞いたことがありません!」と、何かを隠すように語気を荒げて強く否定した。” − マヤの予言2012年人類滅亡説「1221名古屋へ逃げろ」は本当か!? vol.1|政治社会|デジタル大衆 週刊大衆WebMagazine なんでムーに聞いてんだよ (via shi3z)
引用元URL:恋愛

カナダの15歳の少年が、「マヤ文明の古代都市」を星座の星から大発見?トウモロコシ畑の可能性も

ミステリアス、謎、未開、石造ピラミッド、象形文字、ジャングル、王墓、装飾品などなど。最近では「2012年世界滅亡説」がある。 マヤ文明は、現在のメキシコ・グアテマラ・ベリーズ・ホンジュラス・エルサルバドルにまたがる「中米」に成立した。
引用元URL:カナダの15歳の少年が、「マヤ文明の古代都市」を星座の星から大発見?トウモロコシ畑の可能性も

2月8日(月)[出版記念イベント] 前田亮一著『今を生き抜くための70年代オカルト』を解剖する!? @高円寺パンディット

第七章 ノストラダムスの大予言と人類滅亡『ノストラダムスの大予言』の衝撃/世界の予言ブームと三大予言者/ノストラダムスとは何者か/世界のノストラダムスブーム/大予言第2弾と『ファティマ・第三の秘密』/日本の大予言ブームとオウム事件/911と21世紀のノストラダムスブーム/マヤの2012年人類滅亡説エピローグ 2020年ネオトーキョー
引用元URL:2月8日(月)[出版記念イベント] 前田亮一著『今を生き抜くための70年代オカルト』を解剖する!? @高円寺パンディット

今年(2015年)で、人類が滅亡だと・・・??

 という終末論が連想されたのでした。 昨年12月、「滅亡から逃れられる聖地」といわれた、フランス南東部に位置する人口200人弱の「ビュガラック村」には、2012年人類滅亡説を信じた人々が、全世界から押し寄せ大パニックに。高額なシェルターも飛ぶように売れたり、終末グッズがはやったりと「1999年のノストラダムスの大予言」を彷彿とさせる終末フィーバーが世界で起こったのでした。
引用元URL:今年(2015年)で、人類が滅亡だと・・・??

マヤの予言 2015年9月3日終末論

マヤやキリスト教の終末論は、人々を不安にさせるだけだ」。 「2012年人類滅亡説」は、マヤ文明において使われていたマヤ暦の1つ「長期暦」が2012年12月21日ごろに区切りを迎えることから連想された終末論。 
引用元URL:マヤの予言 2015年9月3日終末論

今度はグアテマラでマヤの遺物が発見される

天文学が発達していたために「異星人が飛来し、マヤ人に知識を授けたからである」と一部の研究家は考えている。(引用終了)  マヤ文明の謎と噂 2012年人類滅亡説/歴史/マヤカレンダーについてのまとめより引用マヤ文明の謎は、なんといってもスペイン人が到達する前に都市を放棄したという点と、天文学だけは異様に発達していたという2点です。従って、異星人飛来説があるわけです。
引用元URL:今度はグアテマラでマヤの遺物が発見される

ほんまに感無量であル

・実は自分の誕生日である12月22日生まれの人が一番多いらしいこと・2011年、2012年人類滅亡説など
引用元URL:ほんまに感無量であル