2012年問題(世界滅亡論)とは?

「2012年問題」が騒がれている理由

最近、インターネットやテレビで話題を呼んでいる「2012年問題」。


「2012年問題」とは、「2012年12月22日に地球(人類)が何らかの原因で滅亡してしまう??」という予言ですが、その予言は、マヤ人の使っていた暦の記録が「2012年の12月22日に終わっている」ということから生まれました。

 

この一見オカルトチックな予言ですが、これほどまでに騒がれている理由は、大きく分けて2つあります。

 

  1. 「マヤ文明の歴史」と「現代文明」が似ているという歴史的な推測に基づくもの
  2. 「2012年に宇宙に何らかの異変が起こる?」という科学的な推測に基づくもの

 

この「歴史的推測」と「科学的推測」の双方の視点から、1999年に世間を騒がせた「ノストラダムスの予言」とは違った形で、地球滅亡が予言されているのです。

 

「科学的推測」に関してですが、次の情報がベースに推測されているようです。

 

  1. 地球が「フォトンベルト」を通過する。そのためにアセンションが起きる。
  2. 「ニビル」という惑星が地球に大接近する。

 

フォトンベルト」や「ニビル」に関しては、別のページでご説明させていただきますが、「2012年が変化の年になる」という風に予測されている方がいらっしゃるようです。

 

私は「2012年問題」に対し、どう思っているか?

多くの人を恐怖に陥れている「2012年問題」ですが、当サイトの管理人こと、私クライシスは、実は「否定派」です。(肯定派の人に怒られそうですが、当サイトはあくまでもクライシス個人の見解を述べるサイトですので、どうぞご容赦下さい・・・)

というのも、私は元々、予言をあまり信じない性格で、1999年のノストラダムスの予言も信じていませんでした。

ノストラダムスの予言は結局外れましたが、とどのつまり、いきなり「地球滅亡」と言われても、明確な証拠が無いと信じることができないのです。

 

例えば、上記で取り上げた「歴史的推測」と「科学的推測」は、「推測」の域を出ていません。
そのことから、私は2012年問題が起こるとは思っていません。

 

では、なぜこのようなサイトを運営しているか?ということですが、それは単純に、興味があったからです。

 

私が2012年問題という言葉を目にするようになったのは「2008年」ですが、「2009年」の冬には、2012年の地球滅亡を題材とした映画が公開され、世間に「2012年にほんとに人類が滅亡するの?」というオカルト的な話題がすり込まれていきました。

その結果、多くのサイトやブログにて2012年関連の記事が急増しましたのは記憶に新しいかと思います。

それだけ多くの人々が関心を持ったということであり、中には色々と心配になって、情報を求めた人も多かったはずです。

 

何度も言いますが、このサイトは私クライシスの一個人の趣味のサイトです。色々な場所で得た情報を掲載していますが、これら情報の信頼性は確約することができません。

2012年問題に対して恐怖を感じている方々も多いとは思いますが、このサイトで何らかの情報を得ていただくことで、参考にしていただければと思っております。

 

すべてのことには理由があります。

 

果たして、「2012年問題」はメディアが生み出した単なる「話題」なのでしょうか?
あるいは、人類に課せられた「運命」なのでしょうか?

 

それを明らかにするために、2012年12月22日の運命の日まで、このサイトを運営し続けたいと思います。

宜しくお願いいたします。

 


 

当サイトをご利用されて起こったいかなる問題に関しましても、私は一切責任を負うことが出来ません。

ご意見等がある方は、サイドメニューのお問い合わせフォームより、ご連絡いただければと思います。(なお、私からの返信は確約できません)

あらかじめご了承の程、宜しくお願いいたします。

2009年10月23日